タクミ

自分の気持ちに正直に生きるための力を身に付ける。                  会社に属さず、世間のしがらみに飲まれずに、日本を拠点に世界中を旅したい!外国語を多く学んでいろんな国の友達を作って、世界中の文化を身体で感じたい!このブログでは、僕がこの夢を叶えて現実にするまで毎日の日報をひたすら上げています。自分の在り方・行動・思考を変えようと試行錯誤しているので、だらけてしまっている部分もありのままに書きます。

2017年5月4日(木)の日報

〜今日やったこと〜

 

朝から迷いと不安と緊張があった。

 

ずっと考え事をしてた。

 

そして、昼過ぎには父ちゃんが帰って来た。

 

2人だけで話すタイミングはおそらくここしかないと思った。

 

そこで、父ちゃんもテレビを見て食事をしながら、おれといろいろ話をしていく中で、核心部分に軽く触れた。

 

その時にもう、覚悟を決めた。

 

話すと。

 

そこからは、場所を移して、正面から話し合った。想いをぶつけた。

 

仕事を辞めて、本気で1年間アフィリエイトに集中したいと。

 

その期間、家にいさせてくれないかと。

 

そこで、父ちゃんは、おれの考えが足りてない部分を補足した上で、おれに今言っても仕方がないことは、一切口にしなかった。

 

おれ以上に、何も詳しいことがわからない父ちゃんにとっては、自分の息子が訳のわからないことに足を踏みいれようとしていることに、不安があったと思う。

 

しかも、決断を迫られている状況。

 

その中で、おれの覚悟を信じてくれた。

 

辞めるのは簡単だ。それでもやりたいならがんばれ。帰ってくるのはいつでもいいと言ってくれた。

 

父ちゃんはおれの味方だと言ってくれた。

 

心の底から嬉しかった。父ちゃんの前で初めて号泣した。

 

この時、父ちゃんと約束をした。

辞めるのはのであれば、自分のわがままで会社を辞めたことに後悔はしないこと。そして、帰ってくるのであれば、それなりの理由をつけて家族や周りを心配させないようにすること。

 

そう言って、父ちゃんは仕事があるので、寝に行った。

 

そのあとすぐに、この時の会話を全て書き留めた。

 

一生忘れない。

 

しかし、これはまだ一歩を踏み出したに過ぎない。

 

気持ちは楽になったが、不安は消えなかった。

 

それは、ここから先は、本当の意味で自分の決断で全てが決まるから。

 

この日は、家の居間でゆっくりと時間を過ごした。

 

アフィリエイトの動画を見て、少し作業っぽい事をして、寝た。